Musician

和田悠加 

ピアノ。神戸女学院大学大学院音楽研究科修了。同大学オータムコンサートに出演。ペルージャ音楽祭(イタリア)にてディプロマ取得。全日本芸術コンクール全国大会、第4位。他、多数の演奏会に出演。アウトリーチ活動グループ「アンサンブルくれよん」メンバー。宝塚演奏家連盟会員。これまでに藤原千秋、田中修二の各氏に師事。 (2018年度)

 

1「古典とコンテ」に出演

前田智佳

 

フルート。華頂女子高等学校音楽科卒業。神戸女学院大学音楽学部音楽学科器楽専攻4年生。全日本ジュニアクラシックコンクールにて入選。これまでに小久見豊子、初田章子、清水信貴の各氏に師事。(2018年度)

 

2「レオ=レオニを聴く」に出演

齊藤明日香

 

ピアノ。神戸女学院大学音楽学部音楽学科器楽専攻4年生。オータムコンサートに出演。ペルージャ音楽祭(イタリア)にてオーディションを経てオーケストラと共演する。現在、同大学アウトリーチ履修生として、子どものためのコンサートに出演、また幼稚園や小学校、病院への訪問演奏を精力的に行う。これまで岡原裕美子、田中修二の各氏に師事。(2018年度)

 

2「レオ=レオニを聴く」に出演

上野緑 

ソプラノ。59回関西新人演奏会等に出演。2018年、イタリア・ペルージャ音楽祭でオーケストラと共演。同大学定期演奏会ではウィンド・オーケストラ(八木澤教司氏指揮)改訂版初演でソリストを務める。(2018年度)

 

3「霧といっしょに恋をした」に出演

菅野翔太郎 

バリトン。兵庫県立西宮高等学校音楽科ヴァイオリン専攻卒業。在学中に学校行事の中で観たある歌手の歌に心打たれ、卒業後、声楽へと転向。京都市立芸術大学音楽学部音楽学科声楽専攻卒業。

オペラでは「ラ・ボエーム」マルチェッロ、「フィガロの結婚」フィガロ、「電話」ベン、「カルメン」ズニガ等の役柄、また「ヘンゼルとグレーテル」魔女、「不思議の国のアリス」ジャック等テノールの役まで演じる。(2018年度)

 

3「霧といっしょに恋をした」に出演

渡辺里紗 

ピアノ。兵庫県立西宮高校音楽科を経て、神戸女学院大学音楽学部卒業。現在京都市立芸術大学 大学院音楽研究科1回生。第4回ヨーロッパ国際ピアノコンクール全国大会金賞受賞。西宮少年合唱団45期生。(2018年度)

 

3「霧といっしょに恋をした」に出演

古川莉紗

神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒業。同大学大学院音楽研究科修了。日本クラシック音楽コンクール第4位、神戸新人音楽賞コンクールピアノ部門優秀賞、ベガ新人演奏会最優秀演奏賞など多数受賞。現在、後進の指導や関西を中心に演奏活動を行う。(2018年度)

 

4「月がきれいですね」に出演

アンサンブルくれよん

 

神戸女学院大学での「音楽によるアウトリーチ」活動を通して意気投合し、2016 年 3 月 に結成されたグループ。「聴いて、見て、感じて、体験して」をモットーに、皆さんと一緒に音楽を作り上げていくことを基本理念としています。

「誰もが触れたことのあるくれよん、そしてくれよんは手についたら消えにくい...」 このことから、私たちも多くの人が触れやすく、また心に残るような音楽をお届けしたいと いう願いを込め、「アンサンブルくれよん」という名をつけました。

主な活動は、幼稚園・小学校・病院・施設等でのアウトリーチ活動やコンサート。 

 左から田中佑奈(フルート)、丹野桃子(ピアノ)、和田悠加(ピアノ)、樋口成香(オーボエ)

 5 「にんぎょひめの物語」、「白黒の世界に色をつけて」に出演

志賀俊亮

 

兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て京都市立芸術大学音楽学部卒業。

同大学大学院音楽研究科修士課程修了。第八回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA アジア大会銅賞。第七回神戸新人音楽賞コンクール優秀賞。第二五回日本クラシック音楽コンクール第四位。第二八回宝塚ベガ音楽コンクールピアノ部門入選。大学内に於いて第二八回、第二九回ピアノフェスティバル、第四五回卒業演奏会に選抜出演。兵庫、大阪、京都にてリサイタルを開催。現在、関西を中心に演奏活動を行う。また近年は後進の指導にも力を入れている。

 

  「おなじときとばで」にシンセサイザーで出演

小村典子

 

神戸女学院大学音楽学部声楽科卒業。

現在ウィーンの大学、Jam music lab private Universitätミュージカル科に在籍。

これまでに「美女と野獣」ベル役、「サウンドオブミュージック」ルイーザ役等を演じる。ウィーンでも「アンドリュー・ロイド・ウェーバー・ガラコンサート」や「ライフバール」等に出演し、活動の幅を広げている。(2019)

 

6 「歌いたくなるのは、どんな時?」に出演

上田仁美

 

神戸山手女子高等学校 音楽科を経て、神戸女学院大学 音楽学部卒業。桐朋学園大学院大学 修士課程修了。

第 20、23、27回、日本ピアノ教育連盟 ピアノオーディション 奨励賞。第3回 日本バッハコンクール in KOBE 優秀賞を受賞。2016年にWien Musik Seminarを受講し、ディプロマを取得。

病院や学校・公民館等で演奏を行う、アウトリーチ活動の経験有り。現在も関西を中心に挙式演奏や自主企画コンサート等の演奏活動を行なっている。


これまでに、ピアノを阿部裕之、白山保子、小林玲子、岡田博美、田部京子、江澤聖子、長谷正一、上田晴子の各氏に、室内楽を藤原浜雄、銅銀久弥、川久保賜紀の各氏に師事。(2019)

 

6 「歌いたくなるのは、どんな時?」に出演


Dancer & Actress

...1[アマリイチ] 

斉藤綾子と益田さちによるダンスユニット。2015年夏に結成。関西を拠点に活動している。2016年2月29日(閏日)、自主公演『...1[アマリイチ]』開催。新作「...1[アマリイチ]」と、斉藤綾子のソロ「波打際のリス」のデュオバージョンを上演し好評を得る。2018年5月、京都芸術センター Co-programカテゴリーD「KACセレクション」にて、新作公演『punk・tuate [パンク・チュエイト]』開催。

 

[写真左] 斉藤綾子 1990年生まれ。大阪芸術大学舞台芸術学科舞踊コース卒業。在学中に望月則彦作品『カルメン』でカルメン役を踊る。近年、サイトウマコト、今中友子、素我螺部、高野裕子、きたまり/ KIKIKIKIKIKI等の作品に出演。多くのサイトウマコト作品で振付助手を務める。  

 

[写真右] 益田さち 1990年生まれ。幼少よりバレエを踊り始め、2012年よりコンテンポラリーダンスを始める。今までにきたまり/KIKIKIKIKIKI、schatzkammer、高野裕子、やなぎみわなどによる作品に出演する他、自作の発表も行う。

 

(いずれも2018年度)

 

1「古典とコンテ」に出演

羽彩 兎

 

KindContorol代表。神戸女学院大学在学時に、演劇ユニットとしてKind Controlを立ち上げた。また、同大学のアート・マネジメントコースを修了し、学内学外を問わず、年一回ほど、西宮・神戸を中心に公演を行っている。そのほか、大阪や奈良でも役者として活動中。(2018年度)

 

2「レオ=レオニを聴く」に出演


田中早紀

 

貞松・浜田バレエ団でクラシックバレエを始める。バレエ団の特別クラスに合格。神戸女学院大学 音楽学部 音楽学科 舞踊専攻に入学。在学中コンテンポラリーダンスを中心に様々なジャンルの作品を踊る。自身のコンテンポラリー作品が最優秀賞を獲て再演、その後現在まで、ダンサー・振付者として国内外で活動する。

 (2018年度)

 

4「月がきれいですね」に出演

 

 

 

 

高野裕子

 

1983年生。2006年大阪芸術大学舞台芸術学科舞踊コース卒業。更にダンスや作品づくりを探究するため、神戸女学院大学音楽学部音楽学科舞踊専攻に進学。2010年に卒業後、ドイツのベルリンに渡って、ダンサー・振付家としての活動をスタートさせる。2012年に帰国し、アートカンパニー『UMLAUT(ウムラウト)』を立ち上げる。2015年から西宮市小中学校アウトリーチ事業におけるダンス講師、2019年瀬戸内国際芸術祭「nomad note dance」振付・出演を担当、ミツヴァ・テクニック(姿勢法)アシスタントティーチャーも務める。写真・中村寛史

 

「おなじときとばで」に出演

菊池 航

 

1987年生。近畿大学でダンスを始める。2008年よりダンスカンパニー『淡水』を主宰、振付・演出を開始。「意味は無いが無駄は無い」作品で、ライブハウスやギャラリー等の空間を開拓しつつ、主催公演を重ねる。その場にいて、ただ立つことから踊りになる過程を実感して、動きとして納得出来るダンスを目指す。ダンサーとしては、桑折現演出『dots』の作品や山下残振付作品「左京区民族舞踊」などへ出演。近年は北村成美振付の市民参加型作品アシスタント/ダンサーとしてアウトリーチWS等にも携わる。二〇一六年より東野祥子×カジワラトシオ『ANTIBODIES collective』ダンサーとして、西宮フレンテホールでの市民参加WS公演等にも出演。写真・高橋良明

 

「おなじときとばで」に出演

Producer

上念省三 ダンス評論。「ダンスの時間」「さなぎダンス」「ミジカムジカ・コンサート」等の企画制作、神戸女学院大学等の非常勤講師、西宮市文化振興課文化芸術アドバイザー、文化庁芸術祭企画委員・選考委員(舞踊・関西)、京都芸術センター運営委員(2016年度まで)など、舞台芸術を中心に文化芸術全般に携わっている。